JCBゴールドカード

ゴールドカード第3位:JCBゴールドカード

クレジットカード会社名 JCBカード
カード名 JCBゴールドカード
年会費 10,500円
申込基準 原則として20歳以上でご本人に安定継続収入のある方。
※学生の方はお申し込みいただけません。
※ゴールドカード独自の審査基準により発行させていただきます。
カード利用枠 50〜100万円
締め日/支払日 15日締切/翌月10日支払
ポイントサービス 「Oki Dokiポイントプログラム」
・カードご利用合計金額1,000円ごとに1ポイントたまり、200ポイントからお好きな商品に交換。
・交換商品は、航空各社マイル移行やJCBギフトカードをはじめ多彩な商品。
・ポイントは獲得月から2年間(24ヵ月)有効。
国際ブランド JCB
付帯保険 ・海外旅行傷害保険1億円
・国内旅行傷害保険5000万円
・ショッピングガード保険300万円(海外のみ)
その他のサービス ・情報満載の会員情報誌「THE GOLD」を毎月送付
・全国の主要空港に加え、ホノルル国際空港のラウンジを無料でご利用可能。
・家族カード1名分の年会費が無料。
・JCBゴールドで事前に旅行費用などを支払った場合、最高1億円補償の海外旅行傷害保険に自動的に付帯。カードでの支払いがない場合には、最高5,000万円まで補償。(国内旅行は最高5,000万円)
・ゴールド会員専用デスクへの電話で国内ホテル・ゴルフ場への手配や航空券などの予約が可能。
オンライン申込 公式ホームページ

 
ポイントサービス 付帯保険 空港ラウンジ 入会しやすさ 合計


JCBカードのゴールドカードは年会費に比べてサービス面では充実しています。JCBゴールドカードの利用条件付ですが海外旅行傷害保険は最高1億円までの補償を受けることができます。カード利用しない人はこのカードを持つことはないでしょうから、ほぼ自動的に1億円が付帯されると考えていいでしょう。

空港ラウンジも国内だけではなくホノルル空港も利用できるのはうれしいサービスです。ゴールドカードでも国内だけの空港ラウンジのサービスが多いので、海外での空港ラウンジサービス利用が可能なゴールドカードは価値があります。

申込基準では具体的な審査基準はわかりませんが、銀行系ということもあり信販系や流通系のゴールドカードに比べると審査基準は厳しいようです。信販系のクレジットカード審査を担当した経験がありますが、30歳、勤続5年、年収500万円というのが一時期の基準でした。

今では年齢は20代でも審査対象ですし年収ももっと基準が下がっていますが、銀行系では信販系の昔の基準で考えてちょうどよいかもしれません。

もちろんこれはある程度の目安でしかありませんので、この条件で審査を却下されることもあれば、逆の場合もあります。しかし、ゴールドカード審査でもっとも重要視されるのは、利用実績(クレジットヒストリー)であるのは間違いありません。

一般カードでクレジットヒストリーを積み重ねれば、黙っていてもクレジットカード会社のほうからゴールドカードへの切り替え案内が送られてくるでしょう。