E-NEXCO Pass

ドライバー向けカード第1位:E-NEXCO Pass

クレジットカード会社名 三菱UFJニコス
カード名 E-NEXCO Pass
年会費 1,312円
1,837円(ロードサービス付)
初年度無料
年1回の利用で次年度も無料
申込基準 18歳以上(学生可)で電話連絡可能 
カード利用枠  
締め日/支払日 5日締切/当月27日
(キャッシングは月末締め)
ポイントサービス 付与率 1ポイント/200円
全国の高速道路利用(SA・PAの買い物含む)でポイントが2倍
年間利用額30万円を超えると20%上乗せ
ポイント有効期限なし
国際ブランド VISA マスターカード
付帯保険 海外旅行傷害保険2000万円
ショッピング保険100万円
その他のサービス ・ETCゲート車両お見舞金制度 
 年1回1万円
・ニコスネットセーフティサービス 
 オンライン取引での不正使用被害を補償
オンライン申込 公式ホームページ

 
ガソリン代のお得度 付帯保険 ドライバー向け
サービス
総合 合計


三菱UFJニコス(ニコスブランド)と東日本高速道路との提携クレジットカード。年会費はありますが初年度無料で、次年度以降も1回でも利用すれば無料となるので、実質的に永年無料といってもいいでしょう。

ロードサービス付も同じ条件で年会費が無料となるので、このクレジットカードはロードアシスタント付を選びましょう。一度ロードアシスタントなしでカードが発行されると変更することができません。いったん退会して再度申し込むことになるので最初からロードアシスタント付を選ぶのが得策です。

東日本高速道路のオフィシャルカードなので、ガソリン代に関してはほとんどメリットがありませんが、その分高速料金に関するメリットは大きなものがあります。数あるクレジットカードに中でも貯まったポイントを、高速料金に利用できるクレジットカードはE-NEXCO Passだけです。

高速道路会社は中日本と西日本もありますがそれぞれのオフィシャルカードでも、高速料金にはポイント還元できません。まさに高速道路を利用するドライバーにとっては必須アイテムです。

ポイントは200円で1ポイント付与ですが、高速道路での利用(SAでの買い物含む)はポイント2倍となります。さらに年間30万円を超えると20%の上乗せがあるので、年間35万円(内12万円が高速利用)の利用ではポイントは下記のように貯まります。

{(230,000÷200円)+(120,000円÷200円×2)}×1.2=2,820ポイント

1ポイント1円で利用できるので、年間2,820円は高速料金やサービスエリアでの買い物に利用できます。還元率にすると0.8%を超えるため実質年会費無料のクレジットカードとしては破格のポイント還元率となります。

もちろんリボ専用カードのように手数料を取られることもないので、まったく無料でこれらのサービスを受けることができるのはかなりのメリットといえるでしょう。

年間35万円は月にすれば3万円程度で、一般家庭でもそれほど無理をしなくても利用できる範囲の金額です。公共料金などもクレジットカードで利用できる時代なので、無理なく節約ができるメリットの高いクレジットカードです。